画面・ボタンの説明(2)チャート・銘柄選択

システム画面で表示されている項目の説明や、ボタンの使い方です。

左側の項目をクリックして選んでください。

チャート

チャート

チャート

チャート画面の背景色、目盛のドットサイズ・色の変更ができます。
これらは、変更後、株の達人を一度終了したあと、再度立ち上げるとメモリのサイズや色が変更されます。
また、条件、指標の設定画面のサイズが大小選べます。

チャート

選択可能内容 内容 初期設定
背景色 目盛サイズ 背景色が選べます。
目盛幅 目盛サイズ 目盛のドットサイズ(大きさ)が選べます。 1ドット
目盛色 目盛色 目盛の色が変更できます。
1本値銘柄 1本値銘柄 1本値の銘柄を線で表示するか点で表示するか選べます。
設定画面サイズ 設定画面サイズ 条件、指標の設定画面のサイズが大小選べます。 大きい

トレンドライン

トレンドラインの保存の有無の選択できます。(チェックを入れると保存します。初期設定では、チェックが入っています。)
また、「初期化」ボタンをクリックすると、「トレンドラインを保存する」の設定に関わらず全銘柄のトレンドラインの初期化ができます。

トレンドライン

連続表示

チャート画面にてクリックせずに銘柄を連続表示させる際の表示間隔を設定できます。
表示間隔の秒数は直接半角で入力します。
変更後、登録をクリックします。
連続表示

選択可能内容 内容 初期設定
グループ内で最後の銘柄の後は
グループ内で最後の銘柄の後は
連続表示が一巡した後、最後の銘柄で停止させるか先頭の銘柄に戻り、繰り返し表示するかを選択できます。 停止する
移動方向
移動方向
連続表示の移動順序を選べます。 下に動く

銘柄選択

銘柄選択

銘柄選択

銘柄選択の指標の詳細設定画面の右側に選んだ選択基準の説明が表示されます。
銘柄選択

→銘柄選択詳細設定画面についてはコチラをご覧ください。

→画面・ボタンの説明(1)ソフト全体(基本・詳細)