Windows Defenderでファイアウォールを停止しないで株の達人の通信を許可する(Windows11)

アプリケーションの許可で株の達人の通信を許可する場合

ファイアウォールを停止しないで株の達人の通信を許可する場合は、以下の手順で行なってください。

  1. 画面下中央のスタートボタン(Windowsの旗のマーク)をクリックします。
    表示されたメニューから、設定(歯車のマーク)をクリックします。
    参考画面
  2. 設定画面が表示されます。
    左側の「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。
    プライバシーとセキュリティ
  3. プライバシーとセキュリティが表示されます。
    セキュリティの「Windows セキュリティ」をクリックします。
    ファイアウォール設定
  4. Windows セキュリティ画面が表示されます。
    ファイアウォールとネットワーク保護」をクリックします。
    ファイアウォール設定
  5. ファイアウォールとネットワーク保護画面が表示されます。
    ファイアウォールによるアプリケーションの許可」をクリックします。
    ファイアウォール設定
  6. 許可されたアプリ画面が表示されます。
    設定の変更」ボタンをクリックします。
    ファイアウォール設定
  7. 別のアプリの許可」ボタンをクリックします。
    ファイアウォール設定
  8. アプリの追加画面が表示されます。
    「パス」の「参照」ボタンをクリックします。
    ファイアウォール設定
  9. 参照画面が表示されます。
    Cドライブの「STatujin」フォルダ(株の達人がインストールされているフォルダ)内の株の達人のアイコンのファイル(拡張子が.exeのファイル)を選択して「開く」ボタンをクリックします。
    (通常はCドライブ内にありますので、(C:)とついたものをクリックしてからSTatujinを探してください)
    ファイアウォール設定
  10. さきほど選択した株の達人のファイルが表示されました。
    追加」ボタンをクリックします。
    ファイアウォール設定
  11. 選択した株の達人のファイルが許可されたアプリに追加されました。
    別のアプリの許可」ボタンをクリックして、株の達人のアイコンがついた下記名称の全てのファイルについて、6~9の操作を行ってください。(操作は一つずつ、繰り返し行ってください)

    STatujin / STDown / STDown1 / STDown2 / STMenus / STMulti / STSetup / STTable / STUpdate / STUser

    全てのファイルを許可されたアプリに追加できたら、「OK」ボタンをクリックします。
    ファイアウォール設定

以上で操作は終了です。
再度、株の達人を起動し、データ更新をしてください。

上記の作業が困難な場合、データ更新をお急ぎの場合は以下のページにしたがって、ファイアーウォール機能を無効にしてデータ更新をしてみてください。
→Windowsのファイアウォール機能の無効化(Windows11)

→セキュリティソフトが原因のトラブルについて:目次へ

●ご不明な点がございましたらご連絡ください
メール・FAXでお問い合わせの方は、必ずお名前、ご登録のご住所、ご連絡先を明記の上、お送りください。
連絡先:株式会社ストック・データバンク新宿事業所

電話番号:03-3204-3727  FAX:03-3204-3691  E-mail:staff@kabutatu.info
【営業時間のご案内】 平日9:00~18:30 (土日・祝日はお休みをいただいております。)