Windows Defenderの設定(復元)(Windows10)

Windowsアップデートにより、Windows Defenderが株の達人のファイルを誤認識して、削除していまう現象が一部発生しています。
以下の復元作業をお願いします。

Windows8のPCをお使いの方はWindows Defenderの操作が異なります。以下のページをご参照ください。
→Windows Defenderの設定(復元)(Windows8)
→Microsoft Security Essentialsの設定(Windows7)

  1. 画面左下のスタートボタン(Windowsの旗のマーク)をクリックし、設定(歯車のマーク)をクリックします。
    Defender

  2. 以下のようなウィンドウが表示されます。
    更新とセキュリティ」をクリックします。
    Defender

  3. 以下のようなウィンドウが表示されます。
    Windowsセキュリティ」をクリックします。
    Defender

  4. 右側の 「Windowsセキュリティを開く」をクリックします。
    インストール方法1

  5. Windowsセキュリティ画面が表示されます。
    左側の 「ウィルスと脅威の防止」をクリックし、 右側の「保護の履歴」をクリックします。
    Defender

  6. 以下の画面が表示されます。
    まず、削除された株の達人のファイルを復元します。
    脅威が検疫されました」の 「重大」をクリックします。
    影響を受けた項目の「操作」をクリックし、「復元」を選択します。
    Defender

    脅威がブロックされました」も同様に操作して、株の達人のファイルを「許可」してください。

    ※こちらで検出されているのはDefenderの誤認識です。株の達人のファイルであり、ウィルスではありませんので、復元してください。
    ※「重大」をクリックした後、ユーザーアカウント制御が表示される場合があります。
    その場合は「はい」をクリックして、引き続き設定操作を続けてください。
    Defender

  7. デスクトップの株の達人Ver7のアイコンを修正します。
    デスクトップの「株の達人Ver7」のアイコンは削除してください。(アイコンは下図のように白く表示されています。)
    Defender

    デスクトップの赤い「株の達人マルチ」アイコンの上で右クリックし、「ファイルの場所を開く」を選択します。
    Defender

  8. 株の達人をインストールしたドライブ(通常はCドライブ)の「STatujin」フォルダが開かれます。
    株の達人のアイコンと同じマークがついている「STatujin.exe」があるかご確認ください。
    「STatujin.exe」があれば、復元はできています。
    「STatujin.exe」のファイル上で右クリックし、「送る」「デスクトップ(ショートカットの作成)」をクリックしてください。

    Defender

また、Windows DefenderのWindows セキュリティでブロックされているアプリを許可する設定も必ずお願いします。
→Windows セキュリティでブロックされているアプリを許可する

※復元できなかった方も再インストール前にこちらの設定を行ってください。

※Windows セキュリティの画面でお使いのセキュリティソフトが表示されている方は(ノートン、ウィルスバスターなど)この作業は不要です。各ソフトの設定を確認してください。

設定後、先ほど作成したショートカットから株の達人を起動してください。
起動できない場合や、上記6の操作で「脅威が検疫されました」等が表示されていない場合は再インストールが必要です。弊社までご連絡ください。
作成から1ヶ月以上経過したインストールCDは使用できません。弊社から新しいインストールCDをお送りしますので、必ずご連絡ください。

●ご不明な点がございましたらご連絡ください
メール・FAXでお問い合わせの方は、必ずお名前、ご登録のご住所、ご連絡先を明記の上、お送りください。
連絡先:株式会社ストック・データバンク 株の達人事業部

電話番号:03-3204-3727  FAX:03-3204-3691  E-mail:staff@kabutatu.info
【営業時間のご案内】 平日9:00~18:30 (土日・祝日はお休みをいただいております。)